鍼灸で不妊症改善の効果

不妊も身体の不調も改善する鍼灸パワーって?わかりやすく知ろう

風邪をひいたときには病院に行きますよね。病院では、ウイルスをやっつけるための薬を出してくれます。薬を飲めば治りが早くなるとされているからです。

これは当然のことに思えますが、実は、「風邪をひいたときには薬を飲まないほうがいい」という意見も少なからずあるのです。なぜなら、薬を飲むことで身体をかえって弱くしてしまうという考え方があるためです。

人間にはもともと病気を自分で治す力が備わっています。薬を飲むことで、その力が弱まってしまうというのです。また、副作用の心配も、薬に反対する人々の考えのひとつです。

西洋医学VS東洋医学どちらが不妊に効果あり?

上記で申しましたことは、薬といっても西洋医学の薬のことです。風邪をひいてかかる病院は、一般的には西洋医学の知識に基いて薬を出してくれたり診察をしてくれたりします。「お医者さん」といえば、ふつうは西洋医学のお医者さんなのですね。

一方で、東洋医学に基いて、私たちの身体を健康にするというものもあります。それが、「鍼灸」や「整体」などです。あまり馴染みがないという方も多いかもしれませんね。また、本当に不調が治るのか?と、疑ってしまった経験のある方もいるかもしれません。

鍼灸での東洋医学の考え方は、私たちの身体にある病気を治すパワーを引き出すことで、病と戦える強い身体にするというものです。ですから、原因不明の不妊症などで、身体のパワーをとにかくみなぎらせて妊娠したい!という場合に、鍼灸が注目されているのです。

子宮系の病気があれば、西洋医学に基いて治療を進めるべきかもしれませんが、なんの問題もないはずなのになかなか妊娠できないという場合は、鍼灸が頼りになりそうですよね。

鍼灸ではどんな効果が期待できるの?

不妊症の原因はさまざまですが、とくに、冷え性や身体の緊張が大きな原因となっている場合があるようです。その冷え性や身体のコリに鍼灸は効果を発揮します。

冷え性・肩こりと自律神経は密接な関係があるために、冷え性であるとホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンは妊娠するために非常に重要なものですから、バランスを整えなければなりません。

鍼灸で、冷え性を改善して、肩こりなどもスッキリ。女性の身体の不調を治すことができれば、妊娠をしやすい身体になることでしょう。