飲酒することが不妊体質をつくっているのか

妊娠できない原因は飲酒にあるのか考えることはありますか?

妊娠中、授乳中に飲酒が厳禁という事は良く知られた話ですが、不妊治療中の飲酒についてはいろいろな意見があるところです。
不妊治療をしていると、お酒が好きで飲んでしまったことが悪かったのか、だから妊娠しないのかと自分を責める人もいらっしゃるだろうし、実際にお医者様から飲酒はNGの意見がでたケースもあるとは思いますが、人の身体はそれぞれです。
不妊治療中に飲酒しても妊娠出産をして元気な子供さんのいらっしゃる方だっていますから、一概に治療中の飲酒は駄目だとも言い切れません。

もちろん不妊治療中であるか否かに関わらず、過度の飲酒が人体に及ぼす悪影響には、勃起能力の低下、生理不順、排卵障害などという、妊娠するためには弊害をもたらすこともありますが、不妊治療中の飲酒に対する賛否両論や諸説、お医者様の意見を取り入れたうえで、不妊治療中の飲酒をどうするのかは皆さんの考え方にゆだねられることになるでしょう。

お酒が好きな方の中には不妊治療中でも飲みたいし実際に飲んでいる人もいらっしゃるでしょう。そして、妊娠したら飲酒を止めればいいでしょう的に思っている方も多いでしょうが、妊娠したからと急に好きな事を止めるのって辛くないですか?
又、飲酒が及ぼす流産の確率を指摘する意見もあり、不妊を感じている場合にはこのような意見も無視はできないものですが、これらのことを考慮して、不妊治療を受けている皆さんはどの位飲酒すればセーフなのかを決めて下さい。

何事もほどほどが一番ですよ!