不妊症の初めての検査とは?

婦人科行くのドキドキ・・・不妊症の検査って何するの?

不妊症のこと気になるけど、いったいどんな治療をするのか、どんな検査をするのか、それを考えると気になってこわくなってしまう・・・そんなあなた!決してめずらしいことではありません。

不妊症の検査を知って、安心して病院に行きませんか。

病院にいって最初に行う不妊症の検査

病院によっても違いますが、不妊症の疑いがあって婦人科にかかる場合、最初にするのは「内診」と「血液検査」です。

婦人科に一度かかったことのある方ならわかると思いますが、あの機械で動く台に乗せられて、子宮の中をエコーで見るのです。なにか問題がないかどうかお医者さんに判断してもらいます。

そして、ホルモンが正常に働いているかどうか、血液検査します。血液検査が初診の段階であるとは限らないようですが、多くの場合は、血液検査が必要です。ホルモンがどの程度働いているかを見ます。

その他、卵管が詰まっているかどうかを見る検査や、超音波検査など、不妊症の検査は実にたくさんあります。

男性も検査を受けなくてはならない?どんな検査?

不妊症の原因は女性ばかりではありませんので、男性も検査を受けなくてはならない場合があります。

精液を採取して検査します。ナイーブな問題ですから、嫌がる男性も多いですが、自宅で採取して病院に届ける方法もありますので、できるかぎり夫婦で協力し合って検査しましょう。

初診・検査にはどのくらいの費用がかかる?

気になるのは費用ですよね。不妊症の検査では、すべてが健康保険がきくというわけではありません。不妊症は病気ではない場合があるからです。

ですが、基本的に初診での検査は、8割程度は健康保険でできるので、そこまで心配する必要はありません。ただし、さすがに、風邪などでかかるよりははるかに高額なので注意しましょう。

初診での診察で、7000円程度からと考えておいた方がよさそうです。