不妊症 鍼灸

仕事で残業が続き、疲れを取ろうと思ったら、不妊症にも効果あり!

香川県在住 K.Oさん(35歳)
このところやたらと仕事が忙しいので、久しぶりの休みの日が近づいてきたら「何をしようかな?」と考えるよりも「どうやって体を休めよう?」と考えることが多くなりました。仕事のために生きているわけじゃないんですけども、仕事をしないと生きていけないのでジレンマですね。

というわけでいつも仕事が無い日は体を休めることに専念している最近なんですが、やっぱり体を休めるといえば風呂、そしてその前に鍼灸を受けることですね。体の調子が悪くなったらまず鍼灸に行って体の調子を整えます。その後に風呂にゆっくりと使ってリラックスし、昼寝でもしたら完璧ですね。

そんなおっさんになったなぁと自分でも思うんですけども、この鍼灸というのが以外にも疲れを取るだけの効果じゃなくて、不妊症の治療にも役立つということを教えてもらいました。いつも鍼灸をしながら世間話をしているんですが、今回は不妊症の治療についてでした。

「この鍼灸っていうのは気持ちいいだけじゃなくて、実は体の調子を整えることで、不妊症にも聞くんですよ。昔から中国などではひとつの不妊症治療としても考えられていたみたいで、おまじないなどと一緒に行われていたみたいです。」

確かに鍼灸というのは体の調子が良くなるわけですから、不妊症の人たちも体の調子が可くなったら、子どもを作りやすいっていうのはよくわかります。しかしそういう効果があるというのは初めて知りました。たまに女性が鍼灸を受けに来ているっていうのはそういうことなのかもしれませんね。

ただ、これは直接聞いたことではないんですけど、男性もきっと鍼灸での不妊症の治療に効果はあると思いますよ。私、いつもお風呂に行く前に鍼灸をしてもらうことで、下半身への血流が良くなったような気がしますから。最近男性としての自信がないという人も、効果的かもしれません。