あなたの不妊の原因・症状は何ですか?

不妊の原因と症状はいろいろ、自分にあてはまるケースを探しましょう

妊娠を望み避妊をしていないカップルが、通常の性生活を送っているにも関わらず2年以上妊娠できない時、妊娠を一定期間維持することが出来ない時を「不妊」といいます。

検査した訳でもないのに、子どもを授からない原因が女性側にあるとされる、不妊が原因の離縁、離婚があることは良く知られている話ですが、カップルの不妊原因と症状には、男性側が原因の不妊、女性側に問題があるケース、両方に問題があるケース、原因不明のケースがあります。女性側が原因の不妊には卵管障害、排卵障害、着床障害、子宮の障害、年齢などがあり、一方、男性側が原因の不妊には性機能障害、精管通過障害、造精機能障害などがあります。又、この他にもカップルのタイミングのズレ、いずれの原因にもあてはまらないのに妊娠しない「機能性不妊」といったケースが症状としてあげられます。
いざ、勇気をだして不妊の原因を特定するために病院に行ってはみたものの、その原因が、治療して治るものであればまだわかりやすいのですが、治療困難な疾患、原因不明、パートナー同士の相性からくるものの時などは、改めて不妊治療の難しさを指摘せざるを得ません。

子どもが欲しいのに出来ない、妊娠が継続できないと悩むカップルは、まず病院で不妊検査を受けてみましょう。
100%不妊原因がはっきりするとはいえないにせよ、検査を受けることで、2人にとっての方向性、今後の生活をどうすべきか?どう不妊治療に取り組んでいくか?が見えてくるはずです。